「福島第一原発の影響で奇形魚が大量発生」というフェイクニュースが拡散

2017年11月11日

2015年11月、福島第一原発事故による海洋の放射線汚染の影響で奇形魚が大量発生、市場に出回っている可能性があるという内容の情報が、写真とともにニュースブログに掲載されました。

これは記事とまったく関係無い写真を使用したデマです。

画像の出所

面白ニュース秒刊サンデーのツイッターより

経過

・当該情報は海外のフェイクニュースサイトを元記事とする紹介記事でしたが、掲載直後より多数の検証、批判が集まりました。

それら多数の批判に対して当初「秒刊サンデー」側は、「弊社では事実確認は行いません。その様な意見がある、言っている専門家がいるというまでにとどめております」などの主張を繰り返していましたが、これらのツイートは現在すでに削除されています。

情報の検証

本記事の画像は、英語版ウィキペディアの「Diseases and parasites in salmon(サケの病気と寄生虫)」で使用されているものです。

これは寄生虫に感染したサケの標本画像で、2009年にカナダで撮影されたものであると明記されています。福島第一原発事故が発生した2011年以前の写真を用いている以上、当然、原発事故の影響ではないことも明らかです。

参考リンク

秒刊サンデーさんの【ヤバ過ぎ】鮭の画像に突っ込んでみた
https://togetter.com/li/896852

本記事に関する基礎知識はこちら

  • 原発事故によって、福島の魚にはどのような影響があったのでしょうか?  原発事故の直後、コウナゴなど一部の魚介類から高濃度の放射性物質が検出されたため、国は出荷制限をかけ、同時に放射性物質の検査を始めました。現在も約180…

    2017年11月10日

  • 福島第一原発構内から海に放出されている水には、どのくらい放射性物質が含まれているのでしょうか。  福島第一原発の周囲の海水に含まれる放射性物質は、毎日検査されています。2017年9月11日の「福島第一原子力発電所周辺にお…

    2017年11月11日

  • 福島の魚の体内で、放射性物質は濃縮されたり、蓄積したりしているのでしょうか? 海水・淡水や餌に含まれる放射性セシウムは、魚の体内取り込まれた後、カリウムと同じように排出されます。 海産魚に含まれる放射性セシウムは、魚の種…

    2017年11月11日