放射性物質の基礎知識――「放射線」「放射能」「半減期」

2018年2月8日

「放射性物質」とは、「放射線」を出す物質のことです。「放射性物質」が「放射線」を出す能力を「放射能」といいます。放射性物質は、不安定で壊れやすい状態にある元素のことで、壊れながら安定した状態の元素に変化します。放射性物質が壊れるときに放出するエネルギーが放射線です。 

放射線を測るとき、現在「シーベルト」という単位がよく使われます。また、放射性物質を測るときは「ベクレル」という単位がよく使われています。「シーベルト」は放射線を受ける人間のサイドから見て使われる単位で、「ベクレル」は放射線を発する放射性物質のサイドから見て使われる単位であるとも言えます。 

福島第一原発事故で飛散した主な放射性物質は、ヨウ素131(半減期約8日)、セシウム134(半減期約2年)、セシウム137(半減期約30年)でした。「半減期」とは、不安定な物質である放射性物質を、ある量でみたとき、安定した(放射線を出さない)物質に変化することによって、もとの半分の量になるまでの時間のことです(1個の放射性物質が安定した物質に変化するのにかかる時間ではありません)。 

たとえば、平均的な体型の男性の体に約4000ベクレルほど含まれるカリウム40の半減期は約13億年です。4000ベクレルのカリウム40が半分の2000ベクレルに減るためには、13億年ほどかかるということです。 

放射線は放射性物質が壊れるときに出るものですので、半減期が長い放射性物質は、それだけ放射線を出しにくいとも言えます。ただし、一概に「半減期が長いから安全」とまでは言い切れません。放射性物質が放つ放射線の強さは、半減期の長さではなく、放射性物質の種類ごとのエネルギーの大きさで考えます。